PRHYTHM PYRAMID MUSIC FESTIVAL 2018

2018/6/21(THU-夏至)
10:00 am - 7:00 pm

at 室生山上芸術の森公園
奈良県 宇陀市 室生181

Solstice Sound Ceremony

  • and more surprise !!
EGG

EGG

植物•生物•文化•表現が多様でありつつ共存と循環ができるようなフィールドを目指して柑橘類を栽培しながらライブハウス、市場、展示会、地元の祭り、巨石群そば等々、場所を問わずに生命力感じる音楽を選曲し続けています。

EXPE

EXPE

90年代より黒人ファンクバンドでの活動を経て、オリジナルなギタースタイルをSPACE GUITARと命名し、大阪アンダーグラウンドシーンに参入。
02年、NUTRON名義でアルバム"SPECTRA"を発表。個性的なギタースタイルと普遍的な音楽プロデュースでMusic Magazine誌2003年度ベストアルバムに選出されるなど、未だにロングセラーを記録するカルト的名盤となる。
06年、沖縄久高島でフィールド録音された、穏やかで神秘的な環境音楽 EXPE "TEERA"をリリース。
12年、マルコス・スザーノらを迎えた新境地的ワールド・ミュージック EXPE "EMERALDA"で、他に類を見ない新しい世界観を発明。あるNYのレコード店で入荷しプレイしたところ、最後の曲が流れる前に完売という前代未聞の現象が起きる。

N.Y.ヒップホップカルチャーの伝説ラメルジー、J-POPシンガーACOの実験的名盤"irony(2003)"などのレコーディングセッション等に参加する他、山本精一との数学的グルーヴユニットPARA、BOREDOMS、Vermilionsands、再結成EP-4のギタリストとしてオファーがかかるなど、知る人ぞ知る伝説のギタリスト。
国内外を地道にツアー活動を続け、南米ツアーでは共演したMono Fontana、Marcos Suzanoらが絶賛した独特でユニークな音楽性は、ミュージシャンやDJなど音楽愛好家から多大な信望を寄せられている。

主な活動歴
ブラジル公演 (“PERCPAN Festival” Teatro Acbeu- Salvador & Oi Casa Grande -Rio de Janeiro,2009年)
フランスパリ公演 (La Java,2011年)
アルゼンチン国営放送 (“Metropolis” Canal 7 TV,2013年)
Fuji Rock Festival 2004 (nutron,2004年)
Fuji Rock Festival 2008 (PARA,2008年)
サントリーミュージアム (ART STREAM,2005年)
サウンドインスタレーション展(大阪細野ビルヂング,2008年)
宝山寺-奉納演奏(生駒聖天彼岸祭,2014& 2015年)
タイ王国バンコク芸術文化センター(BACC,2016年)
インドチェンマイ講義(KMMC:KM Music Conservatory etc,2017年)
ヨーロッパ・デンマーク公演(Copenhagen Jazz Festival etc,2017年)

「その昔、ヒトは気持ちを共有する為に、そして神と対話する為に音楽をつくった。そのあとは多くの人を楽しませたり、自分を見つめるために。更にこれから先の音楽はどうなるんだろう?彼の音楽はそれをくっきりと示している。」

www.nuexpe.com
EYE

EYE (BOREDOMS)

80年代よりBOREDOMS の活動と平行してBill LaswellのプロジェクトやNakedCity、Sonic YouthやLOLLAPALOOZAのツアーに参加、BOREDOMSとしては14枚のアルバム制作、07/7/7NYにて77台のドラムでのライブ、08年にはLAにて88台で同プロジェクトを行う。

アート関連では大竹伸朗とのコラボレイトや、作品集としてNANOO, ONGALOO, WEOEMの3冊を刊行他、BECKのmidnight valtuerジャケット制作、各国でのエキシビジョン等。

DJはU-STARに影響をうけ90年代よりスタート、REMIX、別名義は多く複眼的な活動。

GO FISH

GO FISH

Gofish=テライショウタの歌とギターのソロユニット。
2003年に1stアルバム「Songs for a leap years」をリリース。その後コンスタントにアルバム、シングル、柴田聡子とのコラボ作品などをリリースし続けて2018年1月に7"EPシングルとして先行発売し即完売となった「肺/ピアノのまわり」を含む5枚目のアルバム「燐光」を発表。ライブ活動も精力的に行っている。

NISHI RYOTA (PARA)

NISHI RYOTA (PARA)

”PARA”のsynth-bass,keyboard奏者。
”DANTEFONE”、”VERMILION SANDS”、”ケンスギサキトリオ”でも活動する他、昨年はssw”柴田聡子”のレコーディング、ツアーにも参加。初ピアノsolo作品を準備中。

OASYS

OASYS

Message in a sound.

SAITO (NEWTONE RECORDS)

SAITO (NEWTONE RECORDS)

関西圏のコアなパーティー・ピープルの現場感覚と、抜群の嗅覚から生み出されたVINYL POWER SPOT 大阪NEWTONE RECORDS代表。国内のアンダーグランドな場で活躍中のDJ、クリエイター、そしてピュアな音好きに支持される。

YAMA (NEWTONE RECORDS)

YAMA (NEWTONE RECORDS)

94年よりDJ活動を開始。DMR大阪での勤務後、newtone recordsでオープン時からバイヤーとして活躍。
伝説のパーティ『eep』をオーガナズ後、『FLOWER OF LIFE』に参加。2009年の皆既日食パーティ”L.S.D TOUR"や、2012年の金環日食パーティ”MUSICO 6"など、壮大なプロジェクトにも参加。MIX CDには、CosmicLabより「SoaR」「Before the Wind」、BLACKSMOKERより「Cycle」を、RaBiRaBiの過去の音源を使ったmix「Heaven On the Ground」等をリリースしている。フリースタイルなプレイを続け、国内外数多くのDJ、アーティストとの共演。さまざまなスタイルのパーティにゲストDJとして呼ばれては、その場の雰囲気を意識しつつも「好きな音」をプレイし続けている。唯一無二、もっともラディアンスなWOM△N。

古代太陽信仰を思わせる神秘的なダニ・カラヴァン氏制作のモニュメントと、聖地として知られる室生の豊かな山の自然とが不思議に調和するアート空間『室生山上芸術の森公園』にて夏至の音楽会を開催。
森の木陰で新鮮な山の空気を味わいながら、森林浴と音響浴を楽しみましょう。 (ゴザ、ヨガマットなど持参してきてね)

ナチュラルで健康的なフード出店の他、入場者だれでも出店自由な風呂敷フリーマーケットも開催します。
さらに公園会場から車で15分の『宇陀市室生オートキャンプ場』にて、テント設営可能のアフターキャンプ可能。
湖畔の絶景で気持ち良い朝を迎えます。

*今回の音楽会は、池の中の円形ステージ上の客席での私語・おしゃべり厳禁でお願いします。
*ゴミゼロなど参加者全員マナーのご協力を宜しくお願い致します。
*公園・キャンプ施設注意事項を尊守し、危険な場所や夜は保護者は常に子供から目を離さず保護して下さい。
*運転手は公園駐車場ならびにオートキャンプ場内の車の運行は最徐行でお願いします。
事故等の責任は一切負えません。

  • PRHYTHM 室生山上芸術の森公園
  • PRHYTHM 室生山上芸術の森公園
  • PRHYTHM 室生山上芸術の森公園
  • PRHYTHM 室生山上芸術の森公園
  • PRHYTHM 室生山上芸術の森公園
  • PRHYTHM 室生山上芸術の森公園
  • PRHYTHM 室生山上芸術の森公園
  • PRHYTHM 室生山上芸術の森公園

参加費

3000yen
<after camp入場料付き>

保護者同伴で中学生以下無料

出店

車で搬入するマーケット出店者、お客さん誰でもフリー参加可能の風呂敷フリーマーケット募集中!

出店ご希望の方はFacebook、メール(info@prhythm.org)にてご連絡ください。

室生山上芸術の森公園

奈良県 宇陀市 室生181

電車でお越しの方

近鉄 大阪線「室生口大野駅」からバスで15分(「室生寺」行き)
「室生寺」下車、徒歩で20分

バス時刻表

室生口大野駅〜室生寺
室生寺〜室生口大野駅

車でお越しの方

名阪国道「針IC 」より13km
名阪国道「小倉IC」から「やまなみロード」経由15km

室生オートキャンプ場

奈良県 宇陀市 室生大野 3849

電車でお越しの方

近鉄 大阪線「室生口大野駅」から徒歩で22分

車でお越しの方

名阪国道「針IC 」より10km