ARTIST

ACT

EXPE

EXPE(www.nuexpe.com

90年代より黒人ファンクバンドでの活動を経て、オリジナルなギタースタイルをSPACE GUITARと命名し、大阪アンダーグラウンドシーンに参入。
02年、NUTRON名義でアルバム”SPECTRA”を発表。個性的なギタースタイルと普遍的な音楽プロデュースでMusic Magazine誌2003年度ベストアルバムに選出されるなど、未だにロングセラーを記録するカルト的名盤となる。
06年、沖縄久高島でフィールド録音された、穏やかで神秘的な環境音楽 EXPE “TEERA”をリリース。
12年、マルコス・スザーノらを迎えた新境地的ワールド・ミュージック EXPE “EMERALDA”で、他に類を見ない新しい世界観を発明。あるNYのレコード店で入荷しプレイしたところ、最後の曲が流れる前に完売という前代未聞の現象が起きる。

N.Y.ヒップホップカルチャーの伝説ラメルジー、J-POPシンガーACOの実験的名盤”irony(2003)”などのレコーディングセッション等に参加する他、山本精一との数学的グルーヴユニットPARA、BOREDOMS、Vermilionsands、再結成EP-4のギタリストとしてオファーがかかるなど、知る人ぞ知る伝説のギタリスト。
国内外を地道にツアー活動を続け、南米ツアーでは共演したMono Fontana、Marcos Suzanoらが絶賛した独特でユニークな音楽性は、ミュージシャンやDJなど音楽愛好家から多大な信望を寄せられている。

主な活動歴
ブラジル公演 (“PERCPAN Festival” Teatro Acbeu- Salvador & Oi Casa Grande -Rio de Janeiro,2009年)
フランスパリ公演 (La Java,2011年)
アルゼンチン国営放送 (“Metropolis” Canal 7 TV,2013年)
Fuji Rock Festival 2004 (nutron,2004年)
Fuji Rock Festival 2008 (PARA,2008年)
サントリーミュージアム (ART STREAM,2005年)
サウンドインスタレーション展(大阪細野ビルヂング,2008年)
宝山寺-奉納演奏(生駒聖天彼岸祭,2014& 2015年)

「その昔、ヒトは気持ちを共有する為に、そして神と対話する為に音楽をつくった。そのあとは多くの人を楽しませたり、自分を見つめるために。更にこれから先の音楽はどうなるんだろう?彼の音楽はそれをくっきりと示している。」

KICKY

KICKY from Thailand(www.foofoo.me

タイ・バンコクの音楽シーンでアイドル的存在の女性パーカッショニスト”キッキー”がプリズムにセッション参加してくれることになりました。
ブラジルで修行した抜群のテクニック!とピュアでキュートな華やかさがメチャ新鮮です。
お楽しみに!
(おばあちゃんが日本人でクゥオーターで日本の血が入っているそうです)

Profile
Kicky Yaniga Lertpimonchai aka FOOFOO is a percussionist artist. Her role at the present now is a percussionist for two bands; Koko’, a Thai minimal pop band and YAAN, Thai contemporary world music group. She’s also play back-up musician for local and cross country artists, festivals, and show such as The Voice Kids Thailand TV Program, Academy Fantasia Reunion Concert, Fat Fest, Cat Expo, Playing for Change Thailand and many more.

In the other hand she’s also working as a content executive in Digital Agency. So she’s digital native enough to make her own content videos and blog creating article about music, percussion, other passions named ‘www.foofoo.me’. As her creative, funny, and joyful style represented in the clip, her first content video got more than 300,000 organic views and still keep increasing.
She’s a social media manager for Sofar Sounds Bangkok and also a founder of music festival project, Longkhan Music Fest, which is a free entrance music event that audience can choose how much they want to pay for each band in the festival in order to support local artists.

Facebook
Instagram kickyoh

KOTEKA

KOTEKA(kalavinka music)

1991年福岡県福岡市生まれ。レコードショップ、カラヴィンカミュージックに勤務し古今東西様々な音楽に触れ、2016年4月には音楽に於ける声の存在に着目したMIX CD「voice」をリリース。Kenzo Yamaguchi名義で楽曲制作をする傍ら頃年はライターとしての活動も展開し各方面から好評を博している。

MONGOOSE

MONGOOSE

関西圏のコアなパーティー・ピープルの現場感覚と、抜群の嗅覚から生み出されたVINYL POWER SPOT 大阪NEWTONE RECORDS代表。国内のアンダーグランドな場で活躍中のDJ、クリエイター、そしてピュアな音好きに支持される。

NISHI RYOTA

NISHI RYOTA

”PARA”のsynth-bass,keyboard奏者。
”DANTEFONE”、”VERMILION SANDS”、”ケンスギサキトリオ”でも活動する他、昨年はssw”柴田聡子”のレコーディング、ツアーにも参加。初ピアノsolo作品を準備中。

O∧SYS

O∧SYS

Message in a sound.

underconstruction

OORUTAICHI

OORUTAICHI(www.okimirecords.com/

1999年より活動を開始。
ソロ名義、ゆうき(オオルタイチ&YTAMO)、ウリチパン郡など様々なプロジェクトにて活
動を展開。主軸となるエレクトロニックミュージックと並行して続けてきたオオルタイチの
“うたもの”サイド。オリジナルからカバーまでギター1本の弾き語り。

SEIICHI YAMAMOTO

SEIICHI YAMAMOTO

1986年から2001年まで「BOREDOMS」に参加。以後、「ROVO」「羅針盤」「想い出波止場」「PARA」「MOST」「TEEM」「ya- to-i」「NOVO-TONO」「CHAOS JOCKEY」他、多数のバンド/ユニットやソロワーク、内外の音楽家とのセッション等で、プレイヤー/ソングライター/コンポーザー/プロデューサーと して、ワールドワイドに活動を展開。
代表作に「Crown Of Fuzzy Groove」(ソロ作)、「SOUL DISCHARGE 99」(BOREDOMS)、「ソングライン」(羅針盤)、「水中JOE」(想い出波止場)、「FLAGE」(ROVO)、「幸福のすみか」(山本精 一&PHEW)、「X-GAME」(PARA)、「MOST」(MOST)、「ラプソディア」(歌物ソロ)等がある。
また、映画音楽では、湯浅政明監督のアニメーション「マインド・ゲーム」(2004年)、三池崇史監督の「殺し屋1」(2001年)、矢口史靖監督の「アドレナリンドライブ」(1999年)等を手がけている。
エッセイストとしても様々な媒体に寄稿し、1999年には随想妄想小説シリーズ「ギンガ」、2009年に「ゆん」、2014年に「イマユラ」を出版。さらに画家、写真家としての活動も行っており、個展や主に自作のアートワークにおいて定期的に作品を発表している。

SIMPO

SIMPO

2001年、大阪千日前・味園ビルから始まった伝説的クラブパーティーFLOWER OF LIFEにレジデントVJとして参加。同時に、関西のアンダーグラウンドなクラブシーンでも精力的に活動を続け、2004年にnutronと共にFUJI ROCK FESTIVALに出演。以後、LIVE演奏に即興で映像をシンクロさせるスタイルを追求し、EXPE、PARAなどのLIVEの演出を行う。
また、YOSHITAKE EXPE SPACE GUITAR EXHIBITIONでのインスタレーション作品「RAINFOREST」や、あふりらんぽ「エゴロ島」のPV制作においても、実験的なアプローチで新しい映像表現に取り組んでいる。

TOSSY

TOSSY(chillmountain/新亜細亜的超越感覚)

2005年10月から大阪の南河内・河内長野で山の中で気持ちよく過ごせる”chillmountain”を仲間と開催。
その後 コンピレーションやDJmixなどの音源をリリースしながら 楽しい場所に出没している。
ジャンルレス&クロスオーバーなMIXで その場の雰囲気で選曲するfreestyleDJ。

YA△MA (FLOWER OF LIFE / PRHYTHM / NEWTONE RECORDS)

YA△MA(FLOWER OF LIFE / PRHYTHM / NEWTONE RECORDS)

’94年よりDJ活動を開始。DMR大阪での勤務後、newtone recordsでオープン時からバイヤーとして活躍。
伝説のパーティ『eep』をオーガナズ後、『FLOWER OF LIFE』に参加。2009年の皆既日食パーティ”L.S.D TOUR”や、2012年の金環日食パーティ”MUSICO 6″など、壮大なプロジェクトにも参加。MIX CDには、CosmicLabより「SoaR」「Before the Wind」、BLACKSMOKERより「Cycle」を、RaBiRaBiの過去の音源を使ったmix「Heaven On the Ground」等をリリースしている。フリースタイルなプレイを続け、国内外数多くのDJ、アーティストとの共演。さまざまなスタイルのパーティにゲストDJとして呼ばれては、その場の雰囲気を意識しつつも「好きな音」をプレイし続けている。唯一無二、もっともラディアンスなWOM△N。

YTAMO

YTAMO(new-ytamo.info

荒木良子のソロユニット。クラシックピアノの世界を経て、ジャンル問わず2000年頃より活動開始。数本の自主制作アルバム、2006年scilli disquesより1stソロアルバム「Limited Leaf」を発表。レゲエシンガー”カルカヤマコト”のサポートミュージシャンとして活動後、自身のバンド”ウリチパン郡”のメンバーとして2011年まで活動。2012年、felicityよりリリース”OLAibi” 3rd album 「new rain」 のレコーディングとツアーに参加。2016年3月18日には、ROOM40/Lawrence English主催 オーストラリアはブリスベンのレーベル”Someonegood”より、11年ぶりのソロセカンドアルバム、”MI Wo”を発表。5月には東京のSweet Dreams Press.より、TEASIの松井一平氏、元山ツトム氏とのユニット”don’t light up the dark(闇を灯すな)”のアルバムをリリース。現在はソロの他にオオルタイチとのユニット”ゆうき”、嶺川貴子とのユニット”TAKO TAMO”としても活動している。