ARTIST

音楽療法セラピスト

山本精一

山本精一

1986年から2001年まで「BOREDOMS」に参加。以後、「ROVO」「羅針盤」「想い出波止場」「PARA」「MOST」「TEEM」「ya- to-i」「NOVO-TONO」「CHAOS JOCKEY」他、多数のバンド/ユニットやソロワーク、内外の音楽家とのセッション等で、プレイヤー/ソングライター/コンポーザー/プロデューサーと して、ワールドワイドに活動を展開。
代表作に「Crown Of Fuzzy Groove」(ソロ作)、「SOUL DISCHARGE 99」(BOREDOMS)、「ソングライン」(羅針盤)、「水中JOE」(想い出波止場)、「FLAGE」(ROVO)、「幸福のすみか」(山本精 一&PHEW)、「X-GAME」(PARA)、「MOST」(MOST)、「ラプソディア」(歌物ソロ)等がある。
また、映画音楽では、湯浅政明監督のアニメーション「マインド・ゲーム」(2004年)、三池崇史監督の「殺し屋1」(2001年)、矢口史靖監督の「アドレナリンドライブ」(1999年)等を手がけている。
エッセイストとしても様々な媒体に寄稿し、1999年には随想妄想小説シリーズ「ギンガ」、2009年に「ゆん」、2014年に「イマユラ」を出版。さらに画家、写真家としての活動も行っており、個展や主に自作のアートワークにおいて定期的に作品を発表している。

Enitokwa

Enitokwa

CLASSIC-NEW WAVE-HARD CORE-INDUSTRIALを通過後90年代初期NYCの音楽文化に爆発的影響を受け音源制作を開始。
1994年、DJ K.U.D.O. aka ARTMANを中心にSpace Lab Yellowのレーベル部門として設立されたEast Edge Recordsのア ーティスト兼A&Rとしてキャリアをスタート。現在は大阪を拠点にDJ、楽曲制作ともエンターテイメントを極力排除し、場所と人の無我の共振を深めることを至上に活動している。2015年にShigeki Ieguti(PARA,Kruispunt, EP-4[fn.ψ]) ,MAYUKo(CROSSBRED, SYNTH SISTERS)との即興演奏Project ”Kruispunt”、 2016年にはHIROSHI WATANABE aka KAITO、YOSHITAKE EXPE等5名の盟友を迎え制作されたソロアルバム”2069”をセルフレーベルnon-entertainment-researchからリリース、2017年10月に同レーベルと江戸時代から続く茶問屋、宇治香園との共同リリースアルム”o.n.s.a.”をリリースした。

http://enitokwa.tumblr.com/
https://soundcloud.com/enitokwa
www.discogs.com/artist/Enitokwa

EXPE

EXPE(www.nuexpe.com

90年代より黒人ファンクバンドでの活動を経て、オリジナルなギタースタイルをSPACE GUITARと命名し、大阪アンダーグラウンドシーンに参入。
02年、NUTRON名義でアルバム”SPECTRA”を発表。個性的なギタースタイルと普遍的な音楽プロデュースでMusic Magazine誌2003年度ベストアルバムに選出されるなど、未だにロングセラーを記録するカルト的名盤となる。
06年、沖縄久高島でフィールド録音された、穏やかで神秘的な環境音楽 EXPE “TEERA”をリリース。
12年、マルコス・スザーノらを迎えた新境地的ワールド・ミュージック EXPE “EMERALDA”で、他に類を見ない新しい世界観を発明。あるNYのレコード店で入荷しプレイしたところ、最後の曲が流れる前に完売という前代未聞の現象が起きる。

N.Y.ヒップホップカルチャーの伝説ラメルジー、J-POPシンガーACOの実験的名盤”irony(2003)”などのレコーディングセッション等に参加する他、山本精一との数学的グルーヴユニットPARA、BOREDOMS、Vermilionsands、再結成EP-4のギタリストとしてオファーがかかるなど、知る人ぞ知る伝説のギタリスト。
国内外を地道にツアー活動を続け、南米ツアーでは共演したMono Fontana、Marcos Suzanoらが絶賛した独特でユニークな音楽性は、ミュージシャンやDJなど音楽愛好家から多大な信望を寄せられている。

主な活動歴
ブラジル公演 (“PERCPAN Festival” Teatro Acbeu- Salvador & Oi Casa Grande -Rio de Janeiro,2009年)
フランスパリ公演 (La Java,2011年)
アルゼンチン国営放送 (“Metropolis” Canal 7 TV,2013年)
Fuji Rock Festival 2004 (nutron,2004年)
Fuji Rock Festival 2008 (PARA,2008年)
サントリーミュージアム (ART STREAM,2005年)
サウンドインスタレーション展(大阪細野ビルヂング,2008年)
宝山寺-奉納演奏(生駒聖天彼岸祭,2014& 2015年)
タイ王国バンコク芸術文化センター(BACC,2016年)
インドチェンマイ講義(KMMC:KM Music Conservatory etc,2017年)
ヨーロッパ・デンマーク公演(Copenhagen Jazz Festival etc,2017年)

「その昔、ヒトは気持ちを共有する為に、そして神と対話する為に音楽をつくった。そのあとは多くの人を楽しませたり、自分を見つめるために。更にこれから先の音楽はどうなるんだろう?彼の音楽はそれをくっきりと示している。」

KLEPTOMANIAC

KLEPTOMANIAC

79年生まれ
音楽と絵の人
現在広島を拠点にリハビリをしながら活動
自分の実体験から学んで得た、脳を活性化する音楽をPLAYします

O∧SYS

O∧SYS

Message in a sound.

underconstruction

YA△MA (FLOWER OF LIFE / PRHYTHM / NEWTONE RECORDS)

YA△MA(FLOWER OF LIFE / PRHYTHM / NEWTONE RECORDS)

’94年よりDJ活動を開始。DMR大阪での勤務後、newtone recordsでオープン時からバイヤーとして活躍。
伝説のパーティ『eep』をオーガナズ後、『FLOWER OF LIFE』に参加。2009年の皆既日食パーティ”L.S.D TOUR”や、2012年の金環日食パーティ”MUSICO 6″など、壮大なプロジェクトにも参加。MIX CDには、CosmicLabより「SoaR」「Before the Wind」、BLACKSMOKERより「Cycle」を、RaBiRaBiの過去の音源を使ったmix「Heaven On the Ground」等をリリースしている。フリースタイルなプレイを続け、国内外数多くのDJ、アーティストとの共演。さまざまなスタイルのパーティにゲストDJとして呼ばれては、その場の雰囲気を意識しつつも「好きな音」をプレイし続けている。唯一無二、もっともラディアンスなWOM△N。

マッサージ・整体セラピスト

セラピストyuumi

セラピストyuumi

音と旅とダンスと神秘を求めて、どこまでも。
マッサージをしながら、アースジプシー。
今は京都府南丹市八木町の古民家にて、おうち兼サロンを改装中。

つむぎだすように、ほころぶように、深く軽やかに、
奏でるように、ながれるように身体を触る。

タイ古式とトリガーポイント療法のリメディアルマッサージ、アロマオイル、気功、ハーブ、クレイなどを組み合わせた独自の手法は、いちど体験すると虜になるひと続出。

-Story
5年前のこと。
オーストラリアで学んだマッサージ学校”future therapy academy”で、
これからは【音のセラピーの時代】がくるという話をききました。
音楽でからだの流れをととのえることが
リラクゼーションとして日常的に行われはじめる。
それは-サウンドドレナージュ-とも呼ぶらしい。

ついに、ついに。
5年越しに、やっと、このときがきた、と。
音とマッサージ、カルチャーが融合してきた。
それがこの、PRHYTHM の実験的イベント。

わたし自身、あゆんできた道のりの、点と点が繋がるような感覚です。

素晴らしいアーティストとともに、
音とからだが一体となり、結い、魔法のようなひとときを過ごせることを、心から楽しみにしています。

一緒に音を浮遊しながら旅しましょう!

http://massagesystem.jp/

∽ ソウジ

∽ ソウジ

大阪・九条 日日二階奥の院にある身体の調整屋です。

手当を基本に柔道整復術をもちいて、筋骨の捻れやもつれ、気血の流れを整え、心身共に素の状態を体感してもらうことにより、自然体本来の力を発揮できる身体に導いていく施術を行っています。

2016年より、施術中の心象風景を音楽で表現してもらうという企画を開始。
最新リリースはmassagesystem22『TOSSY/message of the prayer 』

more info:
http://massagesystem.jp/

白井剛史/プリミ恥部

白井剛史/プリミ恥部

身体が宇宙とつながるゲートをひらき
愛のエネルギーで人生を
生きられるような
チューニングをしていきます。
最上級の神社にいったような
ハイクオリティなエネルギーを
感じていただけます。

宇宙マッサージをする
LAWSON HMV ONLINE『プリミ恥部の宇宙おしゃべり』で、矢作直樹(東京大学名誉教授)、吉本ばなな、テイトウワ、UA、辛酸なめ子、瀧波ユカリ、YOSHIMI(OOIOO)等との宇宙対談
http://www.hmv.co.jp/serialnews/uchu/
BESTアルバム『UFOPIA 』
工藤冬里、石橋英子、植野隆司、朝日太一、他多数のゲストが参加し、ALTZとKABAMIXがサウンドデザイン、河野未彩がアートワークを担当したLOVEアルバム
「このCDを聴いているときだけの懐かしい気持ちは、人が生きていくエネルギーの原点だと思います。」ー吉本ばなな
http://losapson.shop-pro.jp/?pid=90411259
フェリシモとコラボレーションした『Haco.×プリミ恥部LOVE・宇宙パジャマ』制作
NOZOMI ISHIGUROのH.P.FRANCEのショーでラフォーレ原宿WALLにてNOZOMIの服を着て宇宙マッサージ
FREE DOMUNE『BOREDOMS presents 7×13 BOA DRUM』でBOREDOMSの機材と91台のドラム&会場全体からPAにいたるまで、すべてを宇宙マッサージ
堂本剛のソロアルバムのジャケット撮影スタジオ&音源を宇宙マッサージし、音源のはいったハードティスクを宇宙マッサージしながら最終マスタリングのためのNYにWi-Fiで飛ばす
朝日新聞出版Nemuki+「謎のあの店」でマンガのモデル
他、人以外にもありとあらゆる森羅万象の宇宙マッサージの依頼をうけている

著書に
『樹ぴター』(文芸社)
『気をつかわずに愛をつかう』
(アーバンプロ出版センター)
『愛を味方にする生き方』(青林堂)

ほぐしやさん by SaNa

ほぐしやさん by SaNa

15年以上のダンス経験から得た動物的感覚をもとに、あなたの身体の声をきいていきます。 宇宙とつながるエネルギーワークのレイキヒーリングを織り交ぜながら、自分時間を楽しんでいただければと思います。 お好みに合わせて、自力整体・呼吸法・レイキヒーリングのみ・指圧・スペシャルボディーセッションなど。

yukinnuのmassage

yukinnuのmassage

触れたところからやわらかく広がっていく、気持ちの良い感覚。ぽかぽかloveで包まれて、気づくと不思議と目の前がクリアに♡ これはマッサージ???おためしあれ♡

Midori

Midori

・施術 ハンドマッサージ、肩マッサージ、耳つぼマッサージ
・紹介 最近のマイブームは古着屋さん巡り、読書、ミュージックバーに行くことです。見た目は小さいですが、指圧には自信があります!(笑)
今夜は素敵な音楽に合わせてカラダもほぐし、ゆったりとした時間をお過ごしください☆

YUKTA

YUKTA

いつのまにか一緒についてきたお疲れにさようなら。
ゆったりタイマッサージです。

宝塚の緑豊かなアトリエでタロット占い、西洋占星術、キャンドルの制作をしています。
炎がもたらす空間の和らぎ、心の緩まりを体験してもらえるような活動も。

https://www.yukta-germe.com/

光のインスタレーション

SIMPO

SIMPO

2001年、大阪千日前・味園ビルから始まった伝説的クラブパーティーFLOWER OF LIFEにレジデントVJとして参加。同時に、関西のアンダーグラウンドなクラブシーンでも精力的に活動を続け、2004年にnutronと共にFUJI ROCK FESTIVALに出演。以後、LIVE演奏に即興で映像をシンクロさせるスタイルを追求し、EXPE、PARAなどのLIVEの演出を行う。
また、YOSHITAKE EXPE SPACE GUITAR EXHIBITIONでのインスタレーション作品「RAINFOREST」や、あふりらんぽ「エゴロ島」のPV制作においても、実験的なアプローチで新しい映像表現に取り組んでいる。

セラピールーム&デコレーション

△▼△

△▼△

多角形の最小のかたちである三角形で雑貨やアクセサリーなどを制作。 イベントなどへの出店も行っている。
また現在は自然界の幾何学的な形像に魅せられ、主に正多面体の造形や自然造形物の採取などをして研究している。。。

HOOP

HOOP

フラフープをツールに遊び心を追い求め始めた手作りブランド’hoop’。
個性的なセレクトショップや雑貨屋での展開以外にクラブイベントでの出店など精力的に活動を続け、好奇心と遊び心をモットーに活動エリアを拡大中。
たわいもない日常、日々の刺激から生まれたインスピレーションはどこか幻想的でアヴァンギャルドでもありながらも身につけるものを拒まない普遍さも合わせもつ。
素性はいたって普通のよく喋る女性なのでお気軽に声かけてください。
みんなで楽しい世の中創造しましょう∞∞○∞∞

Foodケータリング

蓮田マチ子(創華飯店)

蓮田マチ子(創華飯店)

北京料理でみっちり修行を積んだ後独立し、創華飯店を1975年より生野区中川に開店。当初は一般的な中華料理屋だったが商売を続けていく中で、添加物が入ってない食品や農薬を使っていない野菜の方が美味しいと気付き、美味しくて安全な調味料や材料を使った独創的なメニューを次々に開発。
中華料理のジャンルを飛び越えた斬新で美味しいレパートリーに、遠方からのファンや同業者も足繁く集い、常に満席で予約をしないと入れない隠れた名店となる。高齢に伴い2015年4月末に惜しまれつつも閉店。現在は料理教室などで活躍中。