INFORMATION

PRHYTHM
Winter Solstice 冬至


ゲリラスペース餅つき会

2022.12.22(Thu-冬至)
Start 16:00/ Close 21:00

at 難波宮跡地
大阪市中央区法円坂1-6
ACCESS

今年また京都奈良県境木津川にて、
仲間の余ってる田んぼでキャンプ飲みや音遊びしながら、
結構ほったらかし的なんちゃって自然農遊びでもラッキーな事に縄文古代米収穫!

この古代米を使い、臼にシンセトリガーを取り付けて、
来客に杵をついてもらってシンセドラムを鳴らしてもらい、
EXPEがスペースギターを奏で、集まった人も合奏に加わる、
というアホだけどマジめな企画。

スケジュール的にタイトだった夏至プリズム直前に
スタッフたちと鍬で代掻き的なことをしてランダムな手植えを楽しんでいたものの、
その後の管理はまたもやテキトーになって、制作とツアーの合間に数度だけの草取り、
そして稲刈り、ハザかけ、脱穀...

音響実験の田んぼは、テント泊して遊びながらではあるが、
やった以上はレスポンシビリティが発生してしまい
やはりハードな面も少しはありました。

普段どちらかと言うとオーガニックや無農薬に趣向があるものの、
音ばかりで土に向き合うような時間は殆どないし、
実際やってみたら分かることもあるのかも知れない、位のスタンスではありましたが、
岡山の親友が繋いできた古代からの強い品種のおかげもあって、
日照りや獣からもサバイブした野生的でありがたいお米だなぁと思います。

モチベーションはただただ、自分たちの収穫したお米で、
まつりゴトのように音を重ねて、それをいただき、天地に感謝することで、
ことばにするとむず痒いけど、そんな音響実験を経験したかったのです。

今年は割と収量があったので、
色んな場所でスペース餅つき会がまたやれたら良いな、と願いつつ、
まずは大阪のかくれ聖地と感じる難波宮にて、
夏至の対極の冬至に、ゲリラでひっそりでも良いので、遊びのようで儀礼でもあるような、
現代的できたる新時代に向けての謎のサイコマジック実践です。

EXPEも演奏しながらのスペース餅つき会
参加者がWANOWAになるチャイムベルやクマザザとの共演
秋のツアーでゲットした割と大容量なモバイルバッテリーを導入して、
DJ YAMAとCOMPU FUNKの時間もあり

都会のオフグリッドなゲリラでどこまでやれるか?
実験なSIMPO & Familyのドームテントに光のインスタレーション

EXPEツアーでゲットしたふるまい地酒、
スタッフともちんによるベジ系おでん、お餅はもちろん、おしるこのオプション、スパイスティーやほっこり茶などなど用意する予定です。
お椀、お皿、コップ、お箸、椅子など持参してくださいね

プライベートでの遊びなのでお代はドネーションで、
お酒やおつまみ持ち込み歓迎
通りすがりの参加、準備など手伝っていただける方もいたら嬉しい というような具合です

キャッチしていただいた方は是非遊びに来てください♪

Subscribe to ourNewsletter

PRHYTHMニュースレター会員募集!
イベント情報などお届けします。

PRHYTHMに参加したことがありますか?
住んでいる地域